メイン

個別通達

2007年08月03日

個人でマンションを売ったときの消費税について教えて!

【質問】
私は一般のサラリーマンなのですが、所有しているマンションを友人に3000万円で売ることになっています。このときも友人から消費税を預かって、私が納付しなければいけないのでしょうか?

【回答】
いえ、消費税は納めなくて結構ですよ。
消費税を納めなければいけない人(納税義務者と言います)とはあくまで「事業者」なので、今回のように一般に人が単発で行った売買については、消費税を考えなくていいのですよ。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

2007年08月14日

教えて! 印紙は課税?非課税?

【質問】

印紙の販売は、課税売上になりますか?

【回答】

まず ① 日本郵政公社や印紙の売りさばき所等(例えば法務局など)の場所で行うもの
                      
     → 非課税です!

    ② チケットショップなどで行うもの
   
     → 課税です!


 大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税                      
      

2007年08月20日

車両の下取りがあったときの消費税について教えて!

【質問】
 車両を下取りしてもらい新車を購入しました。
 このときの消費税はどのように考えればよいのでしょうか?

【回答】
 車両の下取りがあったときは、いったん車両を下取り価格で売却したとして課税売上があったと考えます。
 その後、下取りで値引きされた価格ではなく、もともとの車両の価格で購入して控除対象の消費税があったと考えます。
 ちなみに車両の購入の際には通常手数料を支払いますが、その中には課税仕入になるものがありますのでご注意ください。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

2007年08月21日

教えて!社宅の借上料は課税?非課税?

【質問】
 当社は社宅の借り上げを行っており、地代家賃として経費に算入しております。
 この経費は課税でしょうか?非課税でしょうか?

【回答】
 社宅の借り上げ料は非課税になります。
 これは課税にすることによって日常生活に影響が出ないよう、政策的な配慮から非課税とされています。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

教えて!商品券は課税?非課税?

【質問】
 お歳暮でわたす商品券を購入しました。商品券の購入は課税ですか?非課税ですか?

【回答】
 商品券の購入代金は非課税になります。
 これは売買の時点では実質的な取引はまだ行われていないため、消費に負担を求めるという消費税の性格から非課税になっています。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

2007年08月29日

教えて!土地付きの建物は課税?非課税?

【質問】
 当社は現在、遊休資産の活用を考えています。そこで質問なのですが、土地付き建物を譲渡したときと、土地付き建物を貸付けたときとでは消費税の取り扱いはどう変わるのでしょうか?

【回答】
 土地付きで建物を譲渡したときは、土地部分と建物部分とを別々に考えて、土地の部分の譲渡に付きましては非課税、建物部分の譲渡に付きましては課税になります。
 また土地付きの建物を貸し付けたときは、全体を建物の貸付と考えます。ですので、建物の使用用途に応じて、住宅部分につきましては非課税、住宅以外の部分につきましては課税取引になります。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

教えて!住宅の譲渡又は貸付は課税?非課税?

【質問】
 当社は経費削減の一環として、社宅に使っていた住宅を売却もしくは貸し付けることにしました。この場合の消費税の取り扱いについて教えてください。

【回答】
 住宅として使用していた建物を譲渡したときは課税、貸し付けたときは非課税になります。
住宅の貸付けについては、国民の生活を圧迫しないように政策的な目的から非課税になっているのですが、譲渡については通常通り、課税となっています。

教えて!保税地域の貨物は課税?非課税?

【質問】
 当社は空港の中にある、いわゆる「保税地域」で荷役、運送、保管を行う業者です。税関を通り輸入許可の下りた貨物や、まだ許可の下りていない貨物を扱っているのですが、この場合消費税の取り扱いは何か特別な配慮が必要になるのでしょうか?

【回答】
保税地域における荷役・運送・保管などについては、輸入許可の下りた「内国貨物」も輸入許可の下りていない「外国貨物」に対しても区別することなく「輸出取引」と考えて免税になります。
  ただし、保税地域で倉庫の賃貸借を営んでいる場合には課税取引になりますので、ご注意ください。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

教えて!免税店での売上は課税?非課税?

【質問】
 当社は外国人旅行者に商品を販売するいわゆる「免税店」を経営しています。この場合の売上は、免税売上と考えて差し支えないのでしょうか?

【回答】
 はい、外国人旅行者への販売は輸出取引として免税売上になります。
これは、国外で消費するのであれば「消費地課税主義」の立場から輸出と変わらないと考えられるからです。
ただし、外国人旅行者から商品を国外に持ち帰る旨の「購入者誓約書」は必要になりますので、必ず保存しておいてください。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

2007年10月09日

戎さんの笹は課税?非課税?

【質問】
戎さんで購入した「笹代」を会社で購入しました。
これは課税仕入になるのですか?

【回答】
神社で購入したお守りや笹竹などは、消費税の対象外になります。
これは、「宗教法人がお守り等を売った場合は、お金を払った側は信仰心から「喜捨」したのであって
資産の譲渡ではない」と考えるためです。

2007年10月22日

家賃と一緒にもらう水道光熱費は課税?非課税?

【質問】
 当社は不動産業を営んでいます。個人向けに賃貸マンションを貸しているのですが、
水道光熱費も家賃と一緒に頂いております。この場合、家賃は非課税売上になるかと思うのですが、水道光熱費についてはどうなるのでしょうか?

【回答】
水道光熱費部分については、住宅用の場合であっても課税売上になります。住宅の家賃そのものや共益費は非課税売上になりますが、水道光熱費については課税売上になりますので、会計ソフトに入力する際には、別の勘定科目を作成して入力することをお勧めいたします。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


2009年04月25日

教えて!同業者団体の通常会費は課税?非課税?

【質問】
 
当社は、毎月一定額の組合会費を支払っていますが
  
この組合費は、消費税の課税仕入れに該当しますか?
  
 
【回答】
 
「毎月一定額の組合会費」ということは、組合の通常会費のことですね。
 
組合の業務運営に必要な通常会費については、
 
一般的に課税仕入れには該当しません。
 
 
 
【解説】
 
同業者団体や組合などに支払う会費等が 課税仕入れになるかどうかは、
 
その会費と、受けるサービスとの間に、明確な対価関係があるかどうか
 
により判定されます。
 
 
したがって、同じ組合に支払う費用であっても、
 
組合が開催するセミナーや講座などの参加費として支払うものなどは
 
対価関係が明確であるため、課税仕入れに該当しますので注意してください。
  
  
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年05月02日

教えて!賃貸借契約にかかる権利金は課税?非課税?

【質問】
 
当社は、新しく事務所の賃貸借契約を結ぶことになりましたが
  
この際に支払う権利金や敷金は、消費税の課税仕入れに該当しますか?
  
 
【回答】
 
事業用の建物を借りることに伴って支出する
 
保証金、権利金または敷金などは、
 
後日、返還されるものかどうかにより、その取扱いが異なります。
 
 
返還されない権利金などは、
 
その建物を借りる権利をえるための支出であり、
 
課税仕入れに該当します。
 
 
一方、契約の終了などにより返還される保証金や敷金などは、
 
単なる預け金にすぎませんから、課税仕入れには該当しません。
  
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年05月09日

教えて!雇用調整助成金の給付は課税?非課税?

【質問】
 
当社は業績の悪化にともない、事業活動の縮小のために雇用調整をおこないました。
  
そして、雇用調整助成金の給付手続きをとったのですが、
 
この助成金にたいして、消費税はかかるのでしょうか?
  
 
【回答】
 
会社が、特定の政策目的の実現をはかるために国等から受けとる給付金は、
  
消費税は課税されません。
  
 
消費税が課税対象となるのは、以前にご説明した、
  
4要件を満たす場合です。
 
雇用調整助成金の場合、国が支払う給付金は
 
会社がおこなった雇用調整にたいする反対給付とは言えず、
 
対価性の要件が満たされないために、
 
消費税の課税対象とはならないのです。
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年05月16日

支払リース料は、いつの課税仕入れ?

【質問】
 
当社は、コピー機をリースしていますが、
  
支払リース料は、支払った日の課税仕入れということで
  
間違いないのでしょうか?
  
(法人税法上、資産の貸付けに該当するものとする)
 
  
【回答】
 
はい、この場合の支払リース料は、
  
「支払った日」の課税仕入れとして頂いて結構です。
  
 
 
消費税の基本通達において、
 
リース取引が、資産の譲渡に該当するか、資産の貸付け※に該当するかは
 
所得税または法人税の判定によるものとされています。
 
 
ご質問のような「通常のリース取引」に係る支払リース料は
 
契約または慣行による「支払日」の課税仕入れとなります。
 
 
逆に、法人税法上、売買として取り扱われるリース取引に該当する場合は
 
リース料の支払時期に関係なく、その物件の引渡しのときに
 
「売買」があったものとして取り扱われます。
 
(なお、売買取引として長期割賦販売等の要件に該当するものは、
延払基準の適用を受けることもできます)
 
 
※リース取引は、このほか「金銭の貸付け」に該当するとされるものもあります
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年05月23日

教えて!従業員に支払う通勤手当は課税?非課税?

【質問】
 
従業員に支払う通勤手当や出張旅費も、給与と同じように
 
課税仕入れの対象とはならないのでしょうか?
 
 
【回答】
 
従業員に支給する通勤手当のうち、通勤のために通常必要とする範囲内のものは
 
その全額が課税仕入れとなります。
 
また、国内の出張のために従業員に支給した出張旅費等については、
 
通常必要であると認められる金額が課税仕入れとなります。
 
 
ただし、海外出張のために支給される出張旅費等は、課税仕入れになりません。
 
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年07月17日

物品切手、株主優待券

【質問】

金券ショップを営んでいますがテレホンカードやオレンジカードを売った時は、物品切手に類するものとして非課税として処理していますが、入場券や切符の売却はどうなるのでしょうか?
また、株主優待券の売却はどうなるのでしょうか?

【回答】

入場券や切符は、それと引き換えに役務の提供を受け、それによって対価の全部の額の支払債務が免除されるものであることから、物品切手に類するものに該当します。

また、株主優待券は、その交付によって対価の額の支払債務の一部が免除されるものであるが、それと引き換えに一定の物品の給付若しくは貸付又は特定の役務の提供を受けるものではないので、物品切手に類するものに該当しない事になります。

(※)株主優待券で、一定の物品の給付等がその件と引き換えに受けられるものは物品切手類に該当します。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

2009年09月08日

1年分の前払費用

【質問】
 
当社は、期末に1年分のレンタルサーバ代をまとめて支払いました。
 
法人税の取扱いは、支払った時の損金として処理しています。
 
この場合、消費税の課税仕入れとして当期に全額を控除することはできるでしょうか?
 
 
【回答】
 
はい、全額控除することができます。
 
前払費用につき、法人税の短期前払費用の適用を受けている場合は、
 
支出時に課税仕入れを行なったものとして取り扱うことになっています。
 
 
ただし、法人税の短期前払費用を適用するためには
 
いくつか条件がありますので、こちらからご確認ください。
 
大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  <桑原>

2009年09月11日

薬局の薬剤販売

【質問】

 薬局を営んでいますが、医師の処方箋により薬剤を調合して患者さんに投薬する場合

がありますが、この場合の消費税はどうなるのでしょうか?

【回答】

そうですね、ご質問のような医師の処方箋に基づき薬剤を調合し患者に投薬する場合は、

医療行為の一環として行なわれるものとなります。

よって、このような医療行為が健康保険法等の療養の給付にかかるものである場合は

薬局が行なう投薬についても非課税となります。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  八幡

About 個別通達

ブログ「はい!銭形消費税です!!」のカテゴリ「個別通達」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはその他です。

次のカテゴリは届出です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。