メイン

納税地

2009年03月13日

個人事業者の納税地

【質問】

個人事業者の納税地について教えて!

【回答】

個人事業者の消費税の納税地は、次のいずれに該当するかに応じ、それぞれに定める場所とする。

① 国内に住所を有する場合はその住所地
② 国内に住所を有せず、居所を有する場合はその居所地
③ 国内に住所及び居所を有しない者で、国内に事務所等を有する場合にはその事務所等の所在地
④ ①から③に該当しないものは一定の場所

と税法では規定しています。

つまり、普通なら①の住所地になるのですが、
外国人とかが日本に来て、事業者になるときは住所がないので、②の居所地やさらに、③の事務所等の所在地が納税地になるとしています。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士

2009年03月20日

納税地 Vol2

【質問】

個人事業者の納税地について教えて!

【回答】


前回は個人事業者の納税地の規定の原則をお伝えいたしましたが、
今回は特例をお伝えさせていただきます。


復習としまして、個人事業者の納税地とは
① 住所地
② ①がないときは居所地
③ ①及び②がないときは事務所等の所在地
④ ①~③がないときは一定の場所
と原則は規定しています。


でも、住所はあるけど、事務所の所在地を納税地にしたい!という方もいると思います。
そういう方の為に、税法は特例として、以下のように規定しています。


① 国内に住所地があるが、居所地を納税地にする場合は、書類を提出した場合は住所地に代え、居所地を納税地にできます。

② 国内に住所地又は居所地があるが、事務所等の所在地を納税地にする場合は、書類を提出した場合は、住所地または居所地に代え、事務所等の所在地を納税地にできます。

③ ①または②で居所地又は事務所等の所在地を納税地にしている事業者が書類を提出したときは、その住所地(住所がないときは居所地)になります。

④ 個人事業者が死亡したときは、その死亡した個人事業者の納税地は、その相続人の納税地によらず、その死亡当時の死亡した者の納税地になります。


大阪の税理士 
東京・渋谷の税理士

2009年03月27日

法人の納税地

【質問】

それじゃ、法人の納税地は??

【回答】

法人に関しては、個人と違い設立するときに登記というのが必要になります。

原則的には、その登記した場所が納税地になるのですが、税法では以下のように規定しています。


① 内国法人(日本国内に本店又は、主たる事務所等がある法人)については、その本店又は事務所等の所在地となります。

② 外国法人(①以外の法人)で国内に事務所等を有する法人・・・・・・その事務所等の所在地となります。

③ 上記以外の場合は一定の場所

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 西井

2009年04月03日

異なる納税地

【質問】

私は、物品販売業を個人事業者として店舗を借りて経営しております。
来年から消費税の納税が発生するに伴い、所得税は自宅、消費税は店舗を納税地として申告することは可能なのでしょうか?

【回答】

消費税の本来の納税地は、所得税と同様の規定になっていますので、原則、所得税の納税地と同一となります。

よって、ご質問のように、所得税の納税地と、消費税の納税地を異なって申告することは原則的に不可能になります。

しかし、事業的規模が極端に大きすぎると、国税局長や国税庁長官が納税地を指定する事があります。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About 納税地

ブログ「はい!銭形消費税です!!」のカテゴリ「納税地」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは簡易課税です。

次のカテゴリは納税義務者です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。