メイン

納税義務者

2007年08月20日

消費税の納税義務の免除を詳しく教えて!

【質問】
 当社は海外輸出と国内販売の仕事をしています。
 前々事業年度は国内販売の売上が税抜きで900万円、海外輸出の免税売上が500万円ありました。
 この様な場合は小規模事業者の納税免除の規定を受けることができるのでしょうか?

【回答】
 小規模事業者の納税義務の免除の規定は「基準期間(法人であれば前々事業年度)の課税売上高が1000万円超」の法人には適用されないことになっています。
 ここでポイントになるのが「課税売上高とは何か」ですが、この金額には輸出の免税売上も含まれているのです。
 つまり、(税込の国内売上高+税込の固定資産の売却等の額)×100/105と輸出免税の売上高の合計が1000万円を超えるかどうか、で判定します。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

2009年03月19日

納税義務者

 【質問】

去年は消費税がかかったのに今年はかからないのはなんでですか?

 【回答】

消費税は2期前の課税売上高を判断基準としてその額が1,000万円以下であるとかからないのです。

御社は現在第4期ですので、第2期の売上高を基準に判断します。その第2期が900万

円でしたので今期は消費税が免除されることになったのです。

また、前期はその基準の期間が第1期となり、売上高が1,200万円だっため消費

税がかかることになったのです。

ですので、毎期売上高が1,000万円前後を推移する場合はその期は消費税がかかるのかど

うか注意が必要になります。

 
また、消費税の課税事業者でなくなった場合には「消費税の課税事業者でなくなった旨の

届出書」をその事由が生じた後速やかに提出することになりますので、第2期の決算が確

定した後その届出書を提出しています。

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士

2009年03月26日

納税義務者

 【質問】

現在、個人事業者で消費税を払っているのですが、法人成りしたら消費税はどうなるのですか?

 【回答】

法人成りしても消費税の納税義務を引き継ぐということはありません。

消費税の納税義務の有無の判定は事業者単位で行われますので、個人事業者の時と法人成

りした後の法人とは別々に判断するからです。

また、設立した法人は「基準期間のない法人」になり2年間は納税義務が免除されます。

ただし、法人の資本金が1,000万円以上ですと設立後すぐに消費税が課税されることにな

りますので注意してください。

 大阪の税理士 東京・渋谷の税理士 <巽>

About 納税義務者

ブログ「はい!銭形消費税です!!」のカテゴリ「納税義務者」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは納税地です。

次のカテゴリは課税の対象です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。