« 仕入税額控除の区分 | メイン | 3種類以上の事業を営む場合 »

輸出取引③

【質問】
  輸出取引って具体的にはどういうもの?

 【回答】
前回のつづきです。
  ⑦外国貨物の荷役、運送等のサービスの提供
   外国貨物を保税地域から他の保税地域に輸送する場合には、外国貨物の運送に該当   
   し輸出免税の対象となります。
   
  ⑧非居住者に対する特許権など無形固定資産の譲渡又は貸付
   非居住者に対して日本国内で登録された特許権を貸し付ける場合は、輸出類似取引に該当し輸 
   出免税の対象となります。
   
  ⑨非居住者に対する日本国内における広告宣伝などのサービスの提供
   例えば、国内の出版社が国内に支店がない外国企業からの依頼でその外国企業の商品の広告
   を掲載する場合には、この効果が国外に及ぶものと考えられるため、輸出取引となります。

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士<砂原>

About

2009年05月06日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「仕入税額控除の区分」です。

次の投稿は「3種類以上の事業を営む場合」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。