« 3種類以上の事業を営む場合 | メイン | 教えて!雇用調整助成金の給付は課税?非課税? »

転用の調整がある固定資産

【質問】

転用の調整がある固定資産ってどんなものなのですか?

【回答】

前回で説明しました、転用の固定資産ですが、どのような固定資産がその規定の適用を受けることになるのかについて説明します。

① 事業者が税抜100万円以上の固定資産を購入して、その固定資産を課税仕入として仕入れ税額控除をしていること
② 購入した課税期間において個別対応方式により課税資産の譲渡等にのみ要するもの又はその他の資産の譲渡等にのみ要するものとして仕入れに係る消費税額の計算を行っていること
③ 購入した日から3年以内にその他の資産の譲渡等にのみ要するもの又は課税資産の譲渡等にのみ要するものに用途変更を行っていること

この要件に該当する固定資産については一定の調整が必要になってきます。
※簡易課税の適用を受ける場合はこの規定は適用されません。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年05月08日 08:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「3種類以上の事業を営む場合」です。

次の投稿は「教えて!雇用調整助成金の給付は課税?非課税?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。