« 届出の効力 | メイン | 個人事業主が死亡した場合の申告 »

低額譲渡

【質問】

時価1,050万円の自動車を自社の役員に315万円で売却しました。
この時の消費税の課税標準は315万円でいいですよね?

【回答】

いいえ、この場合は1050万円が課税標準となります。

消費税法では、法人が資産を役員に譲渡した場合で、その対価が時価と比較して著しく低いときには、時価を課税標準とするという、いわゆる【低額譲渡】というものがあります。

この著しいという表現ですが、その対価と時価を比較しておおむね50%超の差額をいいます。

ただし、その譲渡が勤務年数等により、合理的に定められた値引率に基づいて行われた場合には、低額譲渡には該当しません。


大阪の税理士 東京・渋谷の税理士  西井

About

2009年04月10日 09:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「届出の効力」です。

次の投稿は「個人事業主が死亡した場合の申告」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。