« 一括比例配分方式 | メイン | 3種類以上の事業を営む場合 »

輸出取引③

 【質問】
  輸出取引って具体的にはどういうもの?

 【回答】
今回は、前回あげた①~⑨のうち①~⑥までを詳しく見ていきます。

① 日本から外国への資産の譲渡または貸付け
日本国内から海外への輸出した取引をいいます。

② 輸入した貨物のうち輸入の手続をしていないもの(外国貨物)の譲渡または貸付け
保税地域内で輸入手続きをしていない外国貨物を譲渡したり、貸し付けた場合も輸出取引等に該当します。

③ 日本と外国との旅客輸送、貨物輸送、通信
日本国内から外国に物を送ったり、電話など通信をした場合を指します。

④ 海運業者などに対する国際輸送用船舶などの譲渡、貸付、修理
⑤ 海運業者などに対する国際輸送用コンテナーの譲渡、貸付、修理
⑥ 国際船舶などの誘導等のサービスの提供

国際輸送用船舶は海外への輸送を目的として作られているものであるため、国際輸送船舶を譲渡した場合も輸出取引等であるとされます。
また、コンテナーやサービスの提供も同様に考えられます。
  
  残りは次回に!

大阪の税理士 東京・渋谷の税理士<砂原>

About

2009年04月29日 09:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「一括比例配分方式」です。

次の投稿は「3種類以上の事業を営む場合」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。